センター設立の経緯と趣旨

 光学技術は、カメラやディスプレー等の映像機器や通信といった日本の主要産業を支える重要な基盤技術のひとつであるにも関わらず、日本では光学技術に関する体系的な教育が行われなくなっています。こうした現状に対し、キヤノン株式会社から宇都宮大学に日本の光学技術教育再構築の働きかけがあり、宇都宮大学もまたその趣旨に大いに共鳴し、両者が協力した光学技術に関する教育研究組織の設立を決意しました。このセンターは、将来、日本の光技術産業を担う技術者の育成と先端光学技術の創生に、産業界と連携して取り組むセンターです。

 具体的には、キヤノン株式会社は資金面での支援のほか、社員が光学技術教育の講師を務め、教育面でも両者が協力して取り組むことになっています。一方、宇都宮大学は、センター憲章に従ってセンターを継続的に強化し、本センターが光学技術分野で世界有数の教育研究拠点になることを目指します。
 

オプティクス教育研究センター長挨拶

オプティクス教育研究センター長 谷田貝 豊彦
オプティクス教育研究センター長
谷田貝 豊彦

 オプティクス(光学)とは、光に関する学問です。光は、太古から人間の生活とはきっても切れない関係にありました。地球上のあらゆる生命の維持には太陽の光は不可欠です。光とは一体何であるのでしょうか。どの様に光のエネルギーが誕生して、どの様に光が情報を運ぶのでしょうか。光に関する疑問は増すばかりです。かつて、「オプティクスは科学の母である。」と言われた理由もここにあるのです。20世紀の扉が開くと同時に、近代物理学が誕生しました。光の量子説、量子力学の誕生、原子の構造の解明など、今でもわれわれをわくわくさせる大発見が続きました。そして、20世紀の半ば過ぎに、レーザーが発明され、ついに「光の時代」が到来したのです。
 

 21世紀の現在では、光技術はわれわれの生活には無くてはならないものに成っています。カメラや顕微鏡、望遠鏡などの光学機器はもとより、音楽や映画を楽しむためのCDやDVDは、光技術が無くては生まれません。情報通信を支えているのも光技術です。また、半導体集積回路(IC)やLEDや半導体レーザー(LD)を製造するのにも光技術は必須です。部屋の照明や野菜の栽培にも光技術は活躍しています。さらに、最先端の学問分野でも、オプティクスは主役です。生命現象の解明にはタンパク質などの分子の状態を精密に観測することが必要ですが、このためにはレーザーを使った分光技術が活躍しています。また、非常に短い時間(フェムト秒)に起こる現象の解明にも光は使われています。

 さて、このような極めて重要な領域で、教育・研究を行う組織が必要であることは明白であります。残念ながら、わが国においては、このような機関はありませんでした。いろいろな大学の、いろいろな学部、いろいろな研究所、そして、多くの企業の中で、個別的に光の教育と研究が行われてきました。いろいろな組織が協力しながら、またあるときは競争しながら、研究を進め技術を磨いてまいりました。現在のわが国の光学関連の研究レベル、そして企業の国際競争力を見れば、この分散協奏の戦略は成功していたように思えます。オプティクスは、いわば空気のようで、誰も特に組織的な取り組みがなされなくても、すばらしい進歩がなされてきたのでしょう。

 ところで、グローバル化された生活環境、少子化時代の到来、そして、いっそう加速化される研究・開発競争など、最近のわが国の置かれた環境は厳しさを増すばかりです。光技術を取り巻く環境も然りです。宇都宮大学が、オプティクス教育研究センターを設立するに至った理由もここにあります。宇都宮大学オプティクスセンターは、光技術・産業の強化発展に貢献するため、産学官で協同してオプティカルサイエンスとテクノロジーの分野における教育と研究を総合的に推進します。わが国および世界でリードできるオプティクスの研究領域を創成致します。21世紀においても、オプティクスが科学・技術の母であり続けるために、そして、「光の世紀」の到来のために、宇都宮大学オプティクス教育研究センターは全力を挙げて邁進致します。

オプティクス教育研究センター長 谷田貝 豊彦